> すべて表示 > ヘッドライン >
■ 公演情報

グループ:
ワード検索:
31 - 35 ( 75 件中 ) / グループ:すべてのグループ

国際交流コンサート「インドネシアの香り」
No.57 / Group:次回公演
WriteDate: 2006/10/08(Sun) 13:14 [修正]
神戸市立布引ハーブ園の企画によるチャリティーコンサートです。
ジャワ島の小学校へ図書を支援するそうです。
園内の「森のホール」で行われます。

■日時:2006年10月21日(土)
    第1部 11:30〜12:30
    第2部 13:45〜14:45
    12:30〜13:30 インドネシアのお茶とお菓子試食があります。
■場所:神戸市立布引ハーブ園「森のホール」
 布引ハーブ園には、新神戸ロープウェーのご利用となります。
 新神戸ロープウェー「北野1丁目駅」より10分「布引ハーブ園駅」下車。
 詳しくはこちらをご覧ください。
■入場無料
■主催:神戸市立布引ハーブ園

http://www.shinkoberopeway.com/

★★★公演は終了いたしました。ご来場ありがとうございました。★★★
公演の写真集はこちらです。

ジャワ島地震復興チャリティー 府民ガムランコンサート
No.56 / Group:次回公演
WriteDate: 2006/09/11(Mon) 16:21 [修正]
「ガムランを救え!」プロジェクト企画のコンサートに、マルガサリも参加します。

 立命館大学に保管されているガムランセットといえば昨年、京都府・ジョクジャカルタ特別州との友好提携20周年を記念してジョクジャカルタ特別州から京都府に寄贈されたもので、その贈呈式に来日された州知事でありジョクジャカルタ王宮のスルタンでもあるハメンクブウォノ10世の前でマルガサリがお披露目の演奏をさせていただいた、私たちにとっても特別な思いのあるガムランセットです。

 今回ジョクジャカルタから被災地の復興を訴えてジャワ伝統舞踊の名手サンティヨさんたちが来日され、同じ思いで各国で活動を続けるコンテンポラリーダンサーのビモさん、ブサールさん、ジャワ伝統音楽の若きニューリーダーラハルジョさん、日本でワヤンや伝統音楽の演奏活動を行っているロフィットさんなど、中部ジャワ出身のパフォーマーたちが続々と合流してこのコラボレーションが実現しました。

 コンサートは、これらのメンバーを中心に伝統舞踊からコンテンポラリーダンスまで、たっぷりとお見せします。またコンサートに先立って午後5時より、、インドネシア文化協会ネットワーク会長で、ジョクジャカルタ文化観光局のプリヨ・ムスティコさんによるジョクジャカルタの豊かな風景や文化、そして被災の現状を写真や映像を交えてのおはなしがあります。

 ぜひご来場ください。
入場は無料です。当日会場で復興支援のための募金を募りますので、みなさまのお志をよろしくお願いします。

■日時:2006年9月23日(土)午後5時〜
    (コンサート&パフォーマンスは午後6時から)
■場所:立命館大学 衣笠キャンパス以学館ホール(京都市北区等持院北町56−1)
■出演:プリヨ・ムスティコ/ラハルジョ/サンティヨ/ララス/ブサール
    ロフィット/イウィン/采女直子/石田敦子/佐久間新
    支援ガムランバンド(マルガサリ、ダルマブダヤ他の混成)
■入場無料
■問い合わせ先
   [京都府国際課推進係]
   〒602-8570 京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町
   tel.  075-414-4313、4327
   fax.  075-414-4314
   e-mail kokusai@pref.kyoto.lg.jp
■主催:立命館大学 京都府

http://gamelan0527aid.blog71.fc2.com/blog-entry-24.html


★★★公演は終了いたしました。ご来場ありがとうございました。★★★
公演の写真集はこちらです。

マルガサリ楽舞劇全5場通し公演「桃太郎」
No.55 / Group:次回公演
WriteDate: 2006/07/29(Sat) 14:15 [修正]
「戦いの手が止まって / 鬼の目を覗き込んだ時
 今まで見たことのない / ふしぎなまなざしに / 惹きつけられてしまった」

マルガサリ版「桃太郎」の意外な結末は、
周到な計算の上でそうなったわけではない。
それはある日、ぼくのアタマのなかで閃いただけだ。
しかし、そうすることによって、
「桃太郎」は、これまでと全く異なる意味をもち始めた。
というよりは、その改変の意味について考え込まざるを得なくなった。
去年の第5場は、そのひとつの回答だが、
その解釈は今年は破棄されるだろう。

「桃太郎」を制作していて、どんどん気になったのは、オニの存在だ。
「桃太郎」におけるオニとはいったい何か。
従来の「桃太郎」では、オニは征伐される「他者」として描かれる。
ほんとうにオニは他者なのだろうか?
ぼくは、自分のなかのオニを見つめたいと思った。
だからといって、この「桃太郎」を近代の心理劇のようには、
あるいは現代の寓話のようにはしたくない。
あくまで荒唐無稽なエネルギーをどこまでも、
できるかぎり放射したいのだ。

中川真

−−−−−−−−−−−
今年も碧水ホールガムランプロジェクト2006として、公演させていただくことになりました。昨年最終場を迎えた「桃太郎」を今回は通し公演します。
最終場を迎えた…といってもマルガサリの「桃太郎」はどんどん進化していきます。今年はどんな展開があるのか?
ご期待ください。

■日時:2006年9月10日(日) 13:00開演(12:00開場)
■場所:甲賀市碧水ホール(滋賀県甲賀市水口町水口5671)
■チケット:前売@2000 / 当日@2500 (学生前売@1000 / 当日@1500 / 小学生以下無料)
■主催:甲賀市教育委員会 / 甲賀市碧水ホール

■チケット取扱い:
碧水ホール 0748 - 63 - 2006
チケットぴあ 0570 - 02 - 9999 (Pコード 234-894)
ファミリーマート、サークルKサンクスでもお求めいただけます。
また、下記窓口でも販売しています。
甲賀広域勤労者互助会 / アルプラザ水口 / KEIBUN /
あいの土山文化ホール / かふか生涯学習館 / 忍の里プララ / 信楽中央公民館 / マルガサリ
WEB予約も開始しました。

公演の詳しい情報は「桃太郎2006」をごらんください。


★★★公演は終了いたしました。ご来場ありがとうございました。★★★

公開リハーサル&フリートーク「桃太郎」
No.54 / Group:次回公演
WriteDate: 2006/07/07(Fri) 11:00 [修正]
 今年は、いよいよ5年間かけて1場ずつ制作してきた楽舞劇「桃太郎」の全5場通し公演を行います。(9月10日(日)滋賀県碧水ホール)
この度、その公開リハーサルをスペース天で行います。
「桃太郎」はこれまでも特定の演出家をおかず、練習を見に来ていただいたアーティストからお友達、ご近所の方まで様々な方々のご意見をもとにその場に居合わせた全員で作品を作り上げてきました。
今も刻々と進化し、形を変えつつある製作途中の「桃太郎」をご覧いただき作品について一緒に語り合う場にしたいと考えています。
どうぞお気軽にお越し下さい。

日時:7月8日(土)20:00〜22:00(予定)
場所:スペース天
   大阪府豊能郡豊能町牧下林9−5

★★★公演は終了いたしました。ご来場ありがとうございました。★★★

「ウヨンウヨンの会」#1
No.53 / Group:次回公演
WriteDate: 2006/05/22(Mon) 00:05 [修正]
ジャワでは、ガムラン好きの人々が集まって、数時間に渡って音の響きを堪能する集まり―「ウヨンウヨン」があります。マルガサリでも、本拠地「スペース天」がキモチイイ春から秋にかけて2ヶ月に1回くらいのペースで「ウヨンウヨンの会」を行うことになりました。第1回の今回は、ジャワガムランのふるさと、ジョグジャカルタの曲や舞踊を集めました。
「ウヨンウヨン」は、演奏しても手拍子しても踊っても眠ってもOK。お気軽にガムラン浴をしにお越しください。

日時:2006年5月27日(土) 
   午後7時くらいから約2時間を予定しています。
場所:スペース天 (大阪府豊能郡豊能町牧下林9-5)
お問い合わせは e-mail: home@margasari.com まで。
入場は無料です。

<予定プログラム>
1. Gd. BABAD sl. 6 kendang condro
2. Gd. SEMBUR-ADAS pl. 5 kendang sarayuda
3. Gd. BONDET MATARAM 〜 Ldr. WIRANGRONG sl. 6
4. Golek AYUN-AYUN pl. 6 (舞踊)


★★★公演は終了いたしました。ご来場ありがとうございました。★★★

Page:[ ←前 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 => / 次→ ]
(C)copyright1998
GamelanEnsemble-MargaSari.AllRightsReserved.

indexへ






- WL-News Ver1.02 -